チェロ新作弦ラーセンイルカノーネ

Larsen Il Cannone(ラーセンイルカノーネ)は2020年に発売されたラーセンの新作弦です。


先にヴァイオリンで発売していて好評だった弦ですが、ついにチェロでも発売しました!


イルカノーネはDirect&FocusedとWarm&Broadの2種類の弦があります。

これらの2種類の弦は張力が同じで、お互いに互換性があり馴染むように作られているので、楽器の相性やプレイスタイルに合わせてベストな組み合わせにすることができます。


今回Direct&Focusedセットを買うとWarm&BroadのA,C線が無料で付いてくる初回限定版セットを購入して早速試してみたので、レビューしようと思います^^

ラーセン イルカノーネ チェロ レビュー

この弦、単純にDirect&Focusedだと硬く、Warm&Broadだと温かい音になるという訳ではないようです。

例えばC線を一本替えると、他の弦とのバランスも変わってA線の音色まで変わったりするので、全ての組み合わせを試して、一番馴染む組み合わせを探す必要があり、選ぶのに数日かかってしまいました。


その結果は僕の楽器だとA,D,G線をDirect&Focused、C線をWarm&Broadにするとバランスのいい組み合わせになりました。また他の楽器だと違った結果になると思います。

なので、もし購入する際は高額ですがどちらも購入することをオススメします。


この弦は組み合わせによってかなり音色が変わってしまうので弦の特徴は一概には言えませんが、マグナコアアリオーソよりも倍音が豊かで、キラキラ感は減ったと思います。


合う組み合わせを見つけた時に本当にバランスが良くなるのでオススメです^^


他の弦についてはこちらをご覧ください。


愛知県名古屋市でチェロのレッスンもしています。

チェロ教室はこちら

最新記事

すべて表示

チェロの弦の種類

チェロの弦が多すぎて選べない! と思っていらっしゃるチェロ愛好家の方々は多いと思います。 次々にメーカーから新作が発売され、今チェロの弦は種類はとにかく多くなっており、いきなり選べと言われても困難だと思うので、それについて書いてみることにしました^^...